住宅リフォーム

  1. HOME>
  2. 住宅リフォーム

リフォームはお家の人間ドック。大切な家を長く健康に。REFORM

お家のリフォームは人間でいう“人間ドック”にあたるもの。人も常日頃しっかりと体調管理を行い、時には健康診断や人間ドックをしきっちりと管理をしています。…それはなぜか?
早期発見やその予防をすることで自分が健康でいるため、つまりこれからも生きていくためです。

お家も同じでその先、何年も何十年も住まいとして生活していく為には定期的なメンテナンス、リフォームが必要になります。

大切なお家を健康に保ち、長持ちさせるために。
家を建てたら終わり…ではありません。

腐食 コケ 雨漏り 白アリ

リフォームのご相談をいただく際、施主様がよくお話されるのが「家を建てたら終わりだと思っていた」という言葉。

住宅は木材や樹脂、また金属など実にさまざまな材料からできていますので、それぞれが異なるスピードで劣化をしていきます。この劣化のタイミングを見極めて、適宜必要なお手入れをしていくことが、大切なお家を長持ちさせるコツなのです。

この「タイミング」を誤り、気になる箇所を長く放置してしまったり、お家からのSOSサインを見逃していると、後から多額の補修費用がかかったり、折角の大切な財産である家の価値が下がってしまうこともあります。

しかしその「タイミング」を見極めるのは難しく、またそんなにしょっちゅうメンテナンスをできるわけでもありませんよね。

たとえば10年後…お家にはこんな劣化が見られます。

目に見えない所もこんなに…
  • 外部の木部や鉄部の腐食
  • 外壁の汚れ、くすみ、コケなどの付着
  • サイディングの目地の縮みやひび割れ
  • サッシまわりのシーリングの縮みやひび割れ
  • スレート屋根の塗装の傷み
  • 屋上やバルコニーの防水機能の劣化
  • シロアリ被害
  • 湿度の高い洗面所などの床下地の腐食

その他、お家の各箇所のリフォーム時期目安

システム
キッチン交換
ユニットバス
交換
給排水管
交換
壁紙の
張替え
吹付け外壁
の修繕
タイル張り外壁
の修繕
15~20年 20~30年 15~20年 5~15年 8~15年 10~15年

外壁塗装工事WALL

外壁や屋根は雨・風・紫外線・熱を防ぐ事によって、柱・土台・はり等、住宅の大事な構造体を守っています。
外部からは問題が無いように見えていても構造体の内部で密かに雨漏りが進行していることも…。「お部屋の内部には漏れてこないけれども深刻な雨漏り」というのが実際にはとても多いのです。

大事な構造体にまで被害が及ばないうちの早めの点検が安心です。

外壁塗装を行う最も大きな理由、それは「外壁に防水機能を持たせるため」

外壁のメンテナンスを行わないままだと、外壁自体にも亀裂が入ってきます。鉄部の錆びや木部の腐食が発生し、放置すれば建物内部へ湿気、水分が浸入し、構造部分(木柱、鉄骨、鉄筋)の老朽化を促進していきます。
外壁塗装は単に見栄えなどを良くするだけではありません!
実は、皆さんのお住まいを守る縁の下の力持ちとも言える存在なのです。
そして、最近では家の外壁の柄や模様を塗りつぶすことなくそのまま生かす事のできる塗料も人気があります。

屋根塗装工事ROOF

外壁と同様に毎日紫外線や風雨にさらされている屋根も補修や塗装など、定期的なメンテナンスが必要です。
屋根の塗装を行うと防錆性、防水性が高めたり、屋根材を保護することにより長持ちさせることが出来たり、抗菌性を高めることでコケやカビの発生を抑制する出来るなどのメリットがあります。
また近年では屋根に塗布することにより夏場は室温の上昇、冬場は室温の下降を抑制し、快適性を高める遮熱・断熱性能を持った機能性塗料の利用も増えてきています。

こんな粗悪な塗装工事にはご注意…

様々なメリットがある住宅の塗装ですが、工事の方法や技術によってはより状況を悪化させてしまうことも…。
塗料の「塗りすぎ」によって毛細管現象が発生し、かえって水を吸収し雨漏りをするようになってしまったり、粗悪な塗料を使用したり、塗装前の洗浄や錆取りが不十分だったために塗料がすぐに剥がれ落ちたり…。
お家を守る大切な機能を持った屋根・外壁だから、決して安い価格だけに惑わされず、高い技術をもった信頼できる業者をお選びください。

外構工事EXTERIOR

別名エクステリア工事とも言われるのが外構工事。その範囲は広く門や壁、ウッドデッキ、カーポートなど、お家の外側の工事を総合して言います。

外構をリフォームすることでお家の表情はガラリと変わります。門を交換したり、木々を植えたり、LEDを取り付けてライトアップしたり…。
そして見た目が変わるだけではなく家族の憩いの場所を創ったり、防犯性や快適性、機能性を高めるといった役割も果たします。