エコキュート

  1. HOME>
  2. エコキュート>
  3. 光熱費削減事例 原様
Case 01

戸建てに引っ越したのに、
光熱費が3分の2になりました

神奈川県相模原市 原様の光熱費削減事例

2013年7月。それまで住んでいた社宅から、新居へ引っ越し。
2か月後の2013年9月。エコホームシステムから翌10月にエコキュートを設置。
エコキュートを使いはじめて1年半後の2015年4月。
設置理由と光熱費の変化について、原一男さまご夫妻にお話を伺いました。

戸建てに引っ越してきたのに、光熱費が3分の2になりましたVOICE 01

ご主人さま

― エコキュートの設置から1年半経ちました。
どのような変化がありましたか?

奥さまエコキュートにしても、普段の使いかたは変わっていません。

変わったのは、光熱費は3分の2でおさまっていること。毎月3万円ほどの光熱費だったものが、2万円にまで下がりました。それだけではなく、数字以上の経済効果が出ていると思います。

― それはなぜですか??

ご主人さま新築の戸建てに転居した2か月後にエコキュートを設置したのですが、転居前は集合住宅の社宅住まい。家の広さも、電化製品の数も、使いかたもちがう。それに光熱費は、季節により変動するもの。前年同月で比較しないと、正確な効果は測れません。

ですから、光熱費が3分の2というのは、実質的に半分くらいになったんじゃないかな。

そして、おどろいたのは、エコホームシステムの田代さん(営業担当者)が言っていた、シミュレーションどおりになったことです。

『断ってもいいです』といわれ、気楽に聞けましたVOICE 02

奥さま

― シミュレーションというのは、ご購入前にしてもらったのですか?

ご主人さまはい。エコキュートの説明をしてくれたときに、シミュレーションしてくれました。

奥さまわたしが家にいた平日の昼間、営業担当の田代さんが来たのです。

実はこの町内、新築の戸建てが集まっているので、住宅関連の営業がやたらと多いんです。

わたし、この手の営業が苦手なんです。対応が不親切だったり、ちょっと上から目線でモノを言ってきたりと、あまり良い印象はもっていなかったから。玄関を開けた途端に、「バーッ!」と、商品の説明をしてくる営業もいる。そうされると、戸惑うんですよね。もう最初から断るタイミングをさがす。だから、玄関を開けなかったりするんです。

ところが、エコホームシステムの営業担当者は感じがよかった。

「お話を聞いてもらう時間を取ってもらえますか」
「お話を聞いたうえで、気に入らなければ断って構いません」って言ってくれた。

そして、「ご夫婦揃ったときに、きちんと説明したい」といわれ、その週末に来てもらう約束をしたのです。

― 住宅関連の営業は苦手とのことですが、それでも即決されました

当社営業の田代と原様ご夫婦

ご主人さま押し売り感が、まったくなかったんです。それに、説明がわかりやすかった。

いまでもほら、このとおり。そのときに使った、たくさんメモ書きしてくれたシミュレーション書類が残っています。いま見ても、予測した数値に差が少ない。すごいことですよね。

お洗濯を、夜間にするようになりましたVOICE 03

― 結果的に、その日にご契約をされました。不安は感じませんでしたか?

ご主人さま不安はなかったですね。3時間くらい、いろいろと話しをしてもらい、不安はすべて解消されましたから。むしろ、楽しい時間を過ごせたと思っています。

奥さまそれに、友だちで、エコキュートを設置している家庭があるんです。詳しくは聞いたことなかったのですが、ガス代を含め、光熱費が節約できることは聞いていました。

― エコキュートを設置して、生活面で変化はありましたか?

奥さまお洗濯を、夜間にするようになりました。

わたしが、朝が苦手なこともありますが、それ以上に電気代が安いんです。エコキュートを設置すると、それまでの「従量電灯」から、「電化上手」という電気料金プランに変更できる。23時から翌朝7時までの電気代が、1kWhあたり約12円と割安になる。

こんなお得な話も、営業担当者から聞くまで知りませんでした。

意識することなく、災害対策になるエコキュートVOICE 04

高校3年の長男と 小学4年の次男

― では、エコキュートを選んだのは、光熱費が安くなるから?

ご主人さまそうですね。いちばん大きいのは、「光熱費が安くなる」こと。次に「環境対策」。そして、「災害対策」ですね。

― 「エコキュートで災害対策」とは、具体的に?

ご主人さまこれも説明のとき、はじめて聞いたのですが、エコキュートは大量の水が保管されているので「貯水タンク」になるというのです。実際、設置したエコキュートは460リットルサイズ。バケツ換算で、約60杯の水が入っている。4人家族のわが家では、約4日分です。

電気やガスは使えないと困りますが、生命を脅かすことはありません。しかし、水はちがいます。生きるためには欠かせない。その意味でも、災害対策としてエコキュートを設置しました。

― 以前から、災害対策の意識があったのですか?

ご主人さまやはり、東日本大震災のときの教訓ですね。

このあたりのガスは稼働していましたが、電気と水道が止まった。当時は社宅。築40年くらいの年季の入った建物で、お風呂の追い焚き機能がなかったんです。毎回、お湯を張らなければ入れません。ですから、お風呂は諦めました。ま、お風呂は入らなくてもガマンできますが、ガマンできないのがトイレ。水が流せない。

そんなときでも、エコキュートのタンクの水を使うことができる。意識することなく、災害対策になるエコキュートは、ただあるだけ安心です。

年1回の無料メンテナンスも安心ですVOICE 05

― 今後、エコホームシステムに期待することは?

ご主人さまこの前メンテナンスに来てくれたエコホームシステムの方も、親切でていねいに説明をしてくれました。一度聞いている内容もあったと思うのですが、忘れているんですね。その意味でも、もう一度説明してくれるのはありがたいです。

奥様メンテナンスで見た点検箇所も書面で報告してくれる。シミュレーションのときもそうでしたけど、紙に残してくれると、あとあと忘れない。 しかも、 このメンテナンスが無料というのもいいですね。ぜひ、続けて欲しいサービスですね。


原様、お忙しい中お時間をいただき、誠にありがとうございました。
(取材日時 2015年4月)

お客様インタビューをもっと見る

Case 02

プロパンガスでも毎月のガス代が
8,000円から2,000円になりました

埼玉県北足立郡 上野様の光熱費削減事例

エコキュート設置1年後の2015年3月。妊娠9か月の奥さまとご主人さまに、 エコキュートを設置した理由や節約効果を中心にお話を伺いました。

Case 03

暖房をたくさん使う真冬でも
月3,000円以上は光熱費が安くなりました

神奈川県横浜市 大河内様の光熱費削減事例

神奈川県横浜市にお住まいの大河内様に、エコキュートや、弊社エコホームシステムの印象について詳しく伺いました。

エコキュートを導入されたお客様の声